장  

セル教会ガイドブックを読んで

2009.11.07 17:31

じんゆきこ執事 조회 수:1876 추천:79

今まで漠然と、弟子訓練を受ければセルリーダーとしての資格が身につくと考えていました。
けれどよく考えてみれば、運転免許試験に合格したからといって、全員運転がうまいかといえば、そうではなく、性格的に運転に向いていない人もいます。
みんなが優良ドライバーなはずもありません。
けれど、運転していく中で徐々にうまくなっていく可能性は高いです。

弟子訓練も同じようなものかもしれません。
「進級」「卒業」という資格は得られても、上手にセルを導けるのか、それはわかりません。

多くの宿題に苦しみながらも、なんとか進んできたこともあり、自分が偉くなったかのように錯覚してしまうこともあります。
知った知識を先生のように教えたくなったり、人に注意して諭したくなったり、
上から見下してしまったり、そんな愚かな行動に陥ってしまいそうになります。

この本は、まさにそんな私にとって「必ず読まなくてはならない本」でした。

私はただ、数歩先に進むガイドだということです。
数歩先を歩み、数歩後の人たちの世話をすること。
そこに必要なのは、ただ、仕えの精神だけです。
また、名司会者であることも求められます。

そして、イエス様のような羊飼いになるために覚悟しなければならないことがあります。主の模範に従い、案内人となって、自分の誉れを求めず、養育して、守り、必要を持つ者の世話をして、奉仕のための祭司を整えます。
すべてにおいてイエス様に倣う者とならなければなりません。

私が経験したことのないこと、行ったことのない場所には導くことができません。
いかに私が精霊様の助けと働きによって、霊的な体験を積まなくてはならないかを
思い知りました。
私が、イエス様の愛を感じ、体験を通じてこそセル家族たちをそこに導くことができます。
そして、自分が十分な者で、満ち足りた優れた者だからできるというのではなく、
自分の限界を目の当たりにして、自分自身を投げ出して、不十分さを認識してこそ
その働きができるのだと思いました。

人を育てるということは、執り成し祈りのように、一見相手のためのようなことでありながら、自分の「主の働き手としての能力」が育てられていくことなんだと思いました。

どんなことにでも、謙遜な心と感謝の心をもって仕えれば、私が捧げた時間や労力をはるかに超えた、主からの祝福に満たされるという、この幸せの輪廻で包まれる
資格をいただけるかと思うと、本当に楽しみです。



XE Login

브라우저를 닫더라도 로그인이 계속 유지될 수 있습니다.

로그인 유지 기능을 사용할 경우 다음 접속부터는 로그인할 필요가 없습니다.

단, 게임방, 학교 등 공공장소에서 이용 시 개인정보가 유출될 수 있으니 꼭 로그아웃을 해주세요.